ONE PIECE FILM “Z”

火拳のエース亡き後 なんとなく遠ざかってた「ONE PIECE」

コミックも買ってはいるがちゃんと読んでなかったり・・・

そもそも あの2009年のヒット作も見てないし・・・

でも

面白かった〜〜〜 FILM”Z”

なので今 も一回59巻以降読み直し中であります

なんで離れてたのよ>自分

初、西原理恵子2冊

映画の「パーマネント野ばら」が見たかったのだけれど 見ず終いになってしまって、心残りだったものでお手頃な文庫本を注文。 そのついでにもう一冊 「はれた日は学校をやすんで」も買ってみた。

そうなんだ。 西原理恵子って。

読んでいる私の方が 隠してた過去の出来事や 誰にも言ったことがない心の中の妄想を 見せつけられてる気になってドキドキする。 「パーマネント野ばら」では 憧れてしまうぐらいの強さと逞しさを感じ 「はれた日は学校をやすんで」の方は 懐かしさと恥ずかしさと後悔がどっと押し寄せてくる。 私もたまに、学校へ行けなかったのだが その後が、 西原さんが月なら こっちは 水たまりに落ちてる6ペンスな人生。 というような行動しないくせにコンプレックスだけ大きい自分をまざまざと認識してしまってツラい。

これが書ける西原理恵子に、怖じ気づいてしまった。 スゴい。

リューシカ・リューシカ

去年の秋頃、世間がさわいでるなぁと twitterアカウントなんぞ登録してみて フォローしたりされたりする相手もいないので お薦めのユーザーのなかから なんとなく7〜8人の方々を勝手にフォローさせてもらって ・・・現在に至る。 な訳ですが、 その方々のなかに「安倍吉俊」さんて方がいらしたのですね。 んで、氏がガンガンオンラインで連載してる「リューシカ・リューシカ」に出会ったのでした。 私も子供もすっかりお気に入りになってしまい コミック発売と知って発売日の数日前にamazonで予約。 しかし、発売日を過ぎても一向に発送されず 業を煮やして「虎の穴」に乗り換えて購入。 待つこと9日目にしてやっと入手したのがこれ。 送料かかっちゃったけど、おまけのイラストカードがついてたので損した気はしない。 安倍吉俊氏は、あの「ニアアンダーセブン」の作者であり、 私は全く知らなかったのだけども あの「灰羽連盟」の作者でもある。 どちらも名作だと思う。

そして 阿倍氏が配布して下さっているtwitterアイコンがこれまたステキ! なので年甲斐もなくちゃっかり使用中。