ミッドナイト・イン・パリ

ミッドナイト・イン・パリ

ウディ・アレン監督らしい?
のかどうか判らないんですが・・・(^_^;)

アメリカにおける”ゴールデン・エイジ”1920年代のパリに
夜ごとタイムスリップしてしまう売れっ子脚本家の
何ともファンタジックなお話

ヘミングウェイ、フィッツジェラルド、ピカソ、ダリ、ロートレック、ゴーギャンなど
私でも知っている偉人たちが
妙にそっくりさんで登場するところは
なかなかウケる

ロマンティックな歴史に彩られるパリの石畳
狂騒的でエネルギーに満ちた1920年代の芸術家たち

いかにもって感じのアメリカ的な価値観に疲れちゃってる主人公は
彼らにすっかり覚醒させられてしまう訳ですが・・・

彼の婚約者はあくまでも
拝金主義のアメリカ人を象徴しづづけるというシニカルな作りになっています。

前作の「人生万歳!」がとても面白かったので
その印象を引きずったまま
ワクワクしながら観た作品

「幸福」って何なのか?
という意味では共通したメッセージを感じる二つの作品ですが、
「人生万歳!」の方がちょっと好きかな

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください