もはや備忘録〜「探偵はBARにいる」

この映画を見たのは
9月の中頃だったか・・・

水曜どうでしょうファンの夫が見たい!
というので一緒に鑑賞

”極上”
かどうかはともかく
なかなかのエンターテインメントだったかも

あまりにも
「大泉洋」のための映画すぎて
あの
松田龍平さえ影が薄いというところが
納得がいかない、気もする

小雪さんの美しさと雰囲気は文句なし
さらに印象に残ったのは
喫茶モンデの看板娘?峰子
あまりの個性の濃さにのけぞりました(^^;)

そして
なぜ「吉高由里子」は写真でしか登場しなかったのか?

次回作作る気満々
というか
次回作つくらないと制作費が回収できない??

とにかく
大泉洋ファンなら必見だ

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください