ラプンツェル&ガリバー

東日本大震災後、意識的に気分を変えようと見に行ったのが
ディズニーアニメ「塔の上のラプンルェル」

いや〜もう何も言うことありません!
ステキ!
キレイ!
たのしい!
かわいい!
見て良かった〜

何なんですかね?
この、たたみ掛けるような仕掛けのオンパレードは。
もうホントに考えてる暇もなく
あっという間に映画の世界へ引きずり込まれちゃう。

これぞディズニーの「おとぎ話」

登場するキャラがまた良くできてる。
まぁ、細かいこと言うとしたら
ヒーローの顔つきだけが、納得いかないんだけど・・・

そして先日、子供にせがまれて見に行ったのが
「ガリバー旅行記」

予告編の映像がとても良くできているので
ついつい期待してしまったのだが、
まぁ期待したほどじゃなかった。
じゃぁ、つまらなかったかと言えば
そう言うわけでもない。
だって
小さい人の国、かわいいんだもん(^_^)v
細かいことを言わずに気楽に楽しもう。

しかし、
この映画では違う意味で収穫があった。

うちの息子
この映画のおかげで
「ガリバー」ってのが
中古車売ってる店の名前以外の意味を持ってることを知った訳だから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください