空気を読むという情報リテラシー

東日本大震災後の2週間
色々なことが手に付かず
とにかく出来るだけ多くの時間ネットにつながって
自分なりの情報収集をしていた

この間
地震の被害だけでも未曾有の規模であるにもかかわらず
さらに
福島第一原発の事故によるパニックが重なる

相変わらず、どれを見ても同じ事しか流さないTV、新聞
不安を煽るしか脳のない雑誌
まことしやかなデマがチェーンメールやSNSを介して広がり
被災地の有様を横目に
首都圏では買い占めや疎開騒ぎが起きている
地方都市金沢でもこの影響は色濃い

私はこの
買い占め騒ぎのおそらく中心ではないかと思われる
首都圏の主婦達の
情報リテラシーということについて考えていた

そんなときに職場で話題に上ったのが
数十年前のオイルショック時の買い占め騒動

ママチャリに子供を乗せてトイレットペーパーを買いに疾走した
かつての「ママ」たちは既に60代
そこでパート仲間の60代婦人たちの話に耳を傾けてみた

するとAさんは
友人からの電話で、売り切れるから早く買いに行けと言われ
慌てて幼子を自転車にくっつけて買い物に走った
この時買いに行っていなかったらトイレットペーパーなしの数日(あるいは数週間?)を過ごす羽目になっただろう
と言う

しかしBさんは
同じように友達から電話が来たけど慌てず様子を見ていたところ
実害が起こる前に売り場には商品が戻り
結局何事もなく過ごしたという

私自身の記憶でも
当時の買い占め騒ぎはTVのニュース映像でだけ見た、
別世界の話である
ということは、私の母親には
パニックを誘発するような「友人」からの情報が入ってこなかったのか?
あるいは
夫である亡き父が「踊らされるな」とでも言ったのか?
とにかく
我が家とその周辺の地域では大きな「パニック」は起こらなかったように思う

今回の場合は
「放射能」という見えない敵が相手だけに
不安になるのも無理はないのだが
ここで興味深いのは
共通の不安を抱えた時の「ママ」たちの、或いは「女性」たちの
情報リテラシーというものについてだ

インターネットが普及し
今や60代でもメールをやらない人は珍しいぐらいの時代
2〜30代のママたちのほとんどは
幼稚園・保育園・小学校などで知り合う「ママ友」ネットワークを持ってるらしい
そして彼女たちのほとんどが、メールやブログやSNSを利用しているだろう
しかし今回の騒ぎを見ていると
前時代のオイルショックの時とどこが違うんだろう?という疑問が湧く

私自身は、前述の通り
入れ替わり立ち替わりTVに出てくる「専門家」の意見のニュアンスの違いにイライラし
自分を納得させてくれる情報を求めて
TwitterとTumblrをチェックし続けていた
(このふたつは空気感が違ってて、両方見ると面白い)

その結果
幸いなことに
と言って良いのかどうか、現段階では判らないのだが
原発とそこから放出されている放射性物質と
その影響に対する当面の私の考え方の方向性は決まった
あとはそれよりもっと自体が悪くなることが無いよう祈るだけだ

しかし
私を納得させてくれたネットの情報は
ネット利用者の全てが見る訳じゃない
TwitterだってTumblrだって、だれをフォローするかで
当然入ってくる情報は全く違った物になる

というか
インターネットとの関わり方はメールとmixiだけ
なんて人がかなり多いとすれば
携帯のなかった時代の主婦たちと現代のママたちの情報リテラシーは
大差ないということなんじゃないのか?

「ママ友」なる人間関係は
詰まるところ
「空気読めよ」ってタイプの井戸端会議的つながりなんじゃないのか?
だとすれば
ちょっとだけネットを利用しているママ友たちの
屈強な繋がりから生じる誤解を解くことはなかなか骨が折れそうだ

こんなことを言っている私は
第一子の出産後すぐに公園デビューに挫折して以来
そもそもの友人以外の「ママ友」を持ったことがない異端派
更にイタいことには
宿命的に引っ越しが多く
数少ない古くからの友人とも年賀状のやりとりぐらいしかしていない「ぷちオタ」である
友人からのチェーンメールに振り回されたくても
私にそんなものを送ってくる人はいない

ここだけを見ると
なんだか薄幸な感じがするな、私・・・

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください