阪急電車〜有川浩

阪急電車 (幻冬舎文庫)
随分前から
買おうかな、買おうかな
と迷いつつ
いつも他の本を買ってしまい読んでいなかった一冊。
読書量が少ないから尚更
すぐ読み終わりそうな本をなんとなく敬遠しちゃってるんだけど
こういうのも時にはいいなと思わせてくれる本だった。

阪急今津線のたった8駅を行って帰ってくるうちに
イヤ、もうホント、すごい上手いことお話が紡がれていくんだけど

現実にありそうな
本当に存在しそうな
気がするけど
でも実はとてもファンタジーだなぁというのが
私の素直な感想。

後味の良い短編で
映像化しやすそうな作品、
とか思いながら読み終わって帯を見たら

4月29日公開とな。

やっぱりね。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください