映画「ハリー・ポッターと死の秘宝」


生きてるうちに原作が完結してくれて
なにやら”ホッとした”ハリポタだが
映画版の方は2部作ということで
2部を見るまで生きていられるか
という新たな焦燥にかられながら
7ヶ月あまりを過ごす羽目になってしまった。(-_-)

さて
そんなハリポタだが

映画化される度に
「原作読んでないとどうなんだろ???」
という疑問が生じる。

「炎のゴブレット」あたりまでならともかく
それ以降となると
映画だけ見ていたのでは、よく解らない点が多々生じるのではあるまいか??

ましてや今作は完結編。

そんな不安をよそに

「ママ、ボクのこと何年生になったと思ってるの?!」
「字幕ぐらい読めるに決まってるでしょ」
と、きっぱり言い切る小6と
今年は字幕版を鑑賞。

原作を読んでいる私としては
このパート1はなかなかの出来映え。
2部作に分かれた場合の前編にありがちな
「後編だけ見れば良かった」感は無い。
まぁ、原作のボリュームからすれば当然のような気もするが
後編が楽しみになる前編だったと思う。

しかし息子の感想は
「微妙」
らしい。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」までしか読んでいないのだから無理もない。

完結編を楽しむには
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
の内容を把握しておくことが必要かもしれない。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください