映画『ヒックとドラゴン』


トイ・ストーリー3を見たくない!と
意固地なことを言う息子と一緒に
ドリームワークス最新作「ヒックとドラゴン」3Dを見てきた。
クリス・サンダース、ディーン・デュボア両監督にとって
初のフルCG&3D作品だとか。
よく考えられてる、と見るべきなのかどうか
は、判らないけれど
鼻につかないCGとソフトな3Dで見やすい映像に仕上がっていた、と思う。

さらに、今回のバイキングたちやドラゴンたちは
ドリームワークスアニメにしてはキュートなキャラに仕上がっている。
なんだか思わず微笑んでしまうことしばしば。

ポッチャリとしたバイキングのおじちゃん達や
何故か憎めないドラゴンたちの可愛さ、
「紅の豚」「風の谷のナウシカ」にも影響を受けたという飛行シーンの美しさ
戦闘シーンの迫力など
印象に残るシーンが満載の楽しい作品。

映画を見た帰り
空を見上げたら
台風接近前のモクモクした巨大な入道雲が
映画で見たのとソックリだった。
CGすごいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください