借りぐらしのアリエッティ

さっそく
ジブリアニメ「借りぐらしのアリエッティ」を見てきた〜♪

お話は、12歳の少年・翔が、母の育った古い屋敷へやってくるところから始まる。

3DCGばかり見慣れている目にはある意味新鮮な
美しい背景画像が飛び込んでくる。
手入れの行き届いていない広大な庭に囲まれた古い屋敷。
(となりのトトロを思い出す)
でも、その庭に息づく小さな虫たちや植物の葉や花にズームしたとたん
とても生き生きとした瑞々しい映像と
なるほど!と納得しちゃう演出に目を奪われる。

このアリエッティのお部屋も
香りを想像して、思わず思いっきり鼻から息を吸い込んじゃうくらい魅力的。

物語の前半は
ゴキブリやダンゴムシも登場する虫たちのオンパレードや
床下の小人たちが色々な物をちょっとずつ”借りて”暮らす生活の様子をみることに夢中になる。
アリエッティの母ホミリーがいつもいれているハーブティーは
ポニョの父フジモトが作っていたあの液体みたいだし
屋敷のお手伝いハルさんが例によって良い味出してるし

小人たちの一家は父親・母親・娘がそれぞれきちっと家庭の役割を分担していて
古典的な家族の形を思わせる。
小さな彼らは、”借りてきた”だけでは使えない生活必需品を
日々加工し、工夫し、一種の自給自足を行っている。
こういう暮らしでは、家族全員の役割分担は生きていくために不可欠だ。
私たちがずっと前に失ってしまった価値観がここにはある。

(ここらへんの細かい描写がまたすごい。さすがジブリ。)

しかし
自分たち以外の同族とずっと会っていない彼らの不安は半端じゃない。
彼らは果たしてこの先も生き延びられるのか???

ここで、アリエッティの父ポッドは
「なんとしても生き延びなければならない」と言うし
アリエッティも
「私たちはそんなに簡単に滅びたりしないわ」と言い切る。
長年掛けてこつこつ手作りしてきた快適な住まいも
愛着のある品もみんな捨てて
涙を呑んで不安や恐怖と戦い
未来へ踏み出そうとする小人たち。

原作がそうなのだろうが
今回の作品にははっきりとしたメッセージが読み取れる。

人並みの生活が手に入らない、と
ちょくちょくため息がでちゃう日常だけど
もっと本能を呼び覚まさないとダメだってことか。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください