映画「グリーン・ゾーン」


主役のマット・デイモンは、「プライベート・ライアン」「インビクタス負けざる者たち」
でしか見たこと無かったのですが
今作でのミラー役が、一番印象に残ったかも。

映画は、人物を掘り下げる作品じゃないのだけど
ミラーの与える印象は重要だと思う。
マット・デイモン、侮れません。

タイトルのグリーン・ゾーンは、
バグダッドに流れる、かの有名な「チグリス川」に面したこのエリア

まったくアメリカって国は
どこへ行っても小さなアメリカを作っちゃうんですねぇ。
いやまぁ、
占領するってこういうことなのかもしれないけど
その徹底ぶりがまたすごい。
オフィシャルサイトの「ABOUT THE GREEN ZONE」
読んでから映画を見ると解りやすいのかもしれない。

何と言っても圧巻なのは
手持ちカメラで撮影されたという、銃撃戦などのアクション・シークエンス。
すっごい臨場感で
息が詰まり、瞬きが出来なくなる感じ。
これだけでも見る価値ありそう。

ストーリー展開は
今となっては驚かない内容だと思う。
でも、終盤でイラク人通訳が取った行動と台詞は
インパクトのあるものだった。
その後報道され続けたイラク情勢に繋がる想像力を観客が持てるようになっている。

結局、戦争という戦争にはすべからく
「裏がある」
ということか。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください